出張コンビニがやってきました

セブンイレブンがやってきた

3月27日、日頃なかなか買い物にも行けないご利用者様に、自由にショッピングを楽しんでいただこうと、セブンイレブン・西ヶ原店のご協力を得て、「出張コンビニ 飛鳥晴山苑」がオープンしました。

思い思いに好きなお菓子や飲み物を手に取り、選ぶ楽しさを味わっていただきました。

店内には喫茶スペースも設けられ、笑顔あふれる時間になりました。

ホールにはセブンイレブンのフラッグも貼られ
すっかりコンビニの雰囲気になりました

 

 

 

 

 

 

おいしそうなケーキを前に、「どれにしようかな…」

 

 

 

 

 

 

スイーツの種類も豊富です

 

お買い上げありがとうございました

 

 

 

 

4月26日 公開講座のお知らせ

『〝おむつゼロ特養への道〟新しい、質の高い介護へ』

 

飛鳥清山苑では高齢者の自立支援に役立つ公開講座を開催します。

今回は「おむつゼロ特養への道」と題して新しい特養の在り方、質の高い介護への道を考える講座になっています。

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

講演者 国際医療福祉大学大学院教授 竹内孝仁先生

日時 平成25年4月26日(金)午後2時~4時

場所 特別養護老人ホーム飛鳥晴山苑 1階あすかホール
東京都北区西ヶ原4の51の1
(都電荒川線西ヶ原4丁目駅下車徒歩6分)

料金 無料
詳細についてのお問い合わせはこちらまでお願い致します。

特別養護老人ホーム飛鳥晴山苑 事務室
TEL 03-3940-9171

 

 

【№4】春の彼岸に

飛鳥晴山苑に近接する染井霊園の桜が、この2,3日の陽気で、花びらを開けるのに大忙しの3月19日。苑では恒例となっている「彼岸供養会」が近くの名刹「勝林寺」ご住職の取り計らいで開催されました。秋の供養会からこの半年の間に、”彼の岸辺”に旅立った方は18名。入所定員152名という規模の大きな苑にとって、その数がいつもの供養会より多いということではありませんが、18の魂の旅立ち、長い人生がいよいよ成就を迎えるその時に傍らにいる、介護という業(わざ)の深い精神性を感じさせられる1日でありました。

さて、管理責任者である私は年度末のこの時期、来年度の事業計画、予算書づくりに追われています。「やりたいこと」「やらねばならないこと」と「できること」の見極めに落胆させられ、力のなさを思い知らされることの多いこの時期の作業ですが、それでも来年度は「おむつゼロ」を軸にして、入所されているご高齢者の自立支援に一層の力を注ぐ所存です。ボランティアでのご協力など、お力添えをお願いいたします。

防災訓練が行われました

3月6日飛鳥晴山苑と滝野川消防署の「合同防災訓練」が行われました。

飛鳥晴山苑では毎年防災訓練が行われていますが、

今回は大震災があった2012年以来の大掛かりなもの。

地元の消防団、自治会の方も参加しての緊張感のある訓練となりました。

午前10時。はしご車、ポンプ車など3台の消防自動車も配備され、

強い地震が発生したとの想定で訓練の開始です。

火災報知機のベルが鳴り「3丁目1番地の台所より火災が発生」との報告で、

避難訓練が始まりました。

滝野川消防署員も待機します

職員の指示で迅速に避難します

消火器を使っての訓練も行われました

はしご車を使って6階のバルコニーに向かいます

 

逃げ遅れた利用者役の職員をはしご車を使って避難させます

お散歩中の保育園の子供たちも
興味しんしん

 

 

一日消防署長の委嘱を受ける渡部事務次長

「いい訓練ができました」
一日消防署長のあいさつで終了しました