待ってました、蕎麦キャラバン

6月12日、あすかホールに人気のイベント、蕎麦キャラバンがやってきました。

やっぱり日本人は蕎麦ですね。ご利用者様の中にはお若い頃蕎麦打ちを経験された方もいて興味津々のご様子。「蕎麦は細く長く……蕎麦を食って長生きしよう!」と皆さんに声をかけるご利用者様もいて気合十分です。

今回の蕎麦打ちは 富士産業(株)の鈴木さん。語り口もさわやかに、ご利用者様たちを引き付けます。

 

 

 

 

今日のそば粉は「二八(にはち)」。蕎麦粉8に対してつなぎの小麦粉が2の割合です。いちばんポピュラーな割合だとか。おいしいんですよね。

力強くこねていきます。これが蕎麦の腰を引き出すんだそうです。

ご利用者様も延しのお手伝い。なかなかいい手つきです。

四角に延した後は、きちんとたたんで細く切っていきます。「私にできるかしら……?」心配は無用のようです。包丁はお手のもの、です。おいしそうに出来上がりました。

本日のお昼は、もちろんお蕎麦。天ぷらも付いて豪華です。梅を練り込んだ「梅蕎麦」も美味しそう。楽しくて、おいしい、まさに一石二鳥のイベントでした。