下瀬坂の窓から

  • ホーム
  • 下瀬坂の窓から
  • 【№37】11年目、さらなる自立支援へ

【№37】11年目、さらなる自立支援へ

飛鳥晴山苑がこの地に開設されて今年の春でまる10年目。その年に入所され、以来、変わらず当苑で生活を継続されている方は当年とって85歳、89歳、93歳のおさんかたのみ。「変わらず」と書かせていただきましたが、3人の方にとっての10年は、けっして平坦なものではなかったでしょう。要介護度で申し上げれば、お二人の方は要介護度3で入所され、10年後の今日では要介護度は5。もうお一人の方は4で入所され、今も4。心ならずも病を得、手助けの必要なことも増え、時に過ぎ去りし日の思い出に心をゆだね、離れて暮らしておられるご家族を気遣う日々。どなたにとっても、かけがえのない日々の積み重ね。本当にご苦労様でした。さて、当苑入所者の平均要介護度は近年、改善傾向にあります。数年前まで飛鳥晴山苑に入所されている方の平均要介護度は4.3ほどでしたが、H25年度は4.2、H28年度は4.1、今年の上半期は4.0。H27年度の改正以来、新しく特養に入所してこられる方は3以上となりましたし、加えて、飛鳥晴山苑に新規に入所される方の70%以上が4か5という現状にあってなお、重度から軽度へと「元気になる」という流れが生まれていることは、「奇跡?」。いやいや、当苑でここ数年力を注いでいる「自立支援=おむつゼロの大きな成果」と、意を強くして11年目に出発です。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ