下瀬坂の窓から

  • ホーム
  • 下瀬坂の窓から
  • 【№39】新しい年が希望に満ちた暦であり...

【№39】新しい年が希望に満ちた暦でありますように

飛鳥晴山苑の特養に入所されている方の最高齢は101歳。2019年(平成31年)の春には新しい元号がスタートするそうですから、その方は大正時代を8年間、昭和の御世の63年間、平成を30年間、そして新しい元号へ。4代にわたる御世をご経験され、その間、無論、楽しいことばかりではなかったでしょうが、“未来へと長く、永く続いてゆくこと、すなわち、慶事”。大変にお幸せな方といえましょう。
平成の30年間、ご苦労様でした。そして、新年、おめでとうございます。新しい暦を迎える2019年はどんな年になりますでしょうか。世界には難問が渦巻いていますが、ご高齢の方を支える介護の世界は穏やかで、希望に満ちたものでなければなりません。ささやかではありますが、その一助となりますよう務めてまいります。

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ