特別養護老人ホーム

防災訓練が行われました

3月6日飛鳥晴山苑と滝野川消防署の「合同防災訓練」が行われました。

飛鳥晴山苑では毎年防災訓練が行われていますが、

今回は大震災があった2012年以来の大掛かりなもの。

地元の消防団、自治会の方も参加しての緊張感のある訓練となりました。

午前10時。はしご車、ポンプ車など3台の消防自動車も配備され、

強い地震が発生したとの想定で訓練の開始です。

火災報知機のベルが鳴り「3丁目1番地の台所より火災が発生」との報告で、

避難訓練が始まりました。

滝野川消防署員も待機します

職員の指示で迅速に避難します

消火器を使っての訓練も行われました

はしご車を使って6階のバルコニーに向かいます

 

逃げ遅れた利用者役の職員をはしご車を使って避難させます

お散歩中の保育園の子供たちも
興味しんしん

 

 

一日消防署長の委嘱を受ける渡部事務次長

「いい訓練ができました」
一日消防署長のあいさつで終了しました

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ